ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例 イメージ画像
試作や改造、修理など部品1点から、はんだ付け作業を請け負います。
自動機では不可能な複雑形状基板へのはんだ実装などのご依頼を承っております。
顕微鏡を使った微細なはんだ付け(0603、1005、QFPなど)に対応。
少量の試作なら翌日仕上げ。難しいはんだ付けならお任せください。

ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例

2017.06.16

はんだ付けに光を!表面実装部品は手はんだ

こんにちは、はんだ付け職人です。



今日は、「表面実装部品はハンダゴテで手はんだしては

いけないのか?」という疑問にお答えします。



この質問、ちょくちょくお受けします。



このメルマガをお読みの方の中にも、

「表面実装部品の手はんだ付けは禁止されている」

会社があるのではないでしょうか?





この誤解はどこから発生しているかと言うと、

セラミックコンデンサやLED製造メーカーの

はんだ付け実装に関する仕様書です。



そこには、たいていリフロー炉の温度条件や

⊿Tは、○○℃以下で・・といった表記があり、



ハンダゴテではんだ付けする際の条件も、

同じ条件が指定されています。



例:250~260℃の温度条件で・・⊿Tは、○○℃以下で・・



さらには、ハンダゴテで実装を行なった場合には

実装後の品質は一切保証しない・・

との記述がある場合もあります。



これを読んだユーザーが、

「表面実装部品はハンダゴテで手はんだしてはいけない。」

と解釈しても無理はありません。



部品メーカーが、なぜこんなことを書いているか?を

考えてみますと、



背景には、はんだ付けの正しい基礎知識を持たない

未熟な作業者が表面実装部品をハンダゴテによって

手実装することによって部品が壊れ、



製品の不具合が発生して、その責任の所在が

問われることが多々あったことが挙げられます。



残念ながら現在でも、はんだ付けの正しい基礎知識が

広く世の中に浸透しているとは言えず、



「普通にはんだ付けしたのに壊れた」

と言われると、部品メーカーからは反論することが

難しいことは想像がつきます。

(勘違いしている人のほうが多数派ですので)



そこで、部品メーカーは、手はんだ付けする場合の

条件をリフローと同一条件にして明示し、

「手はんだ付けした場合は、品質を保証しない」

ことにしたわけです。





しかし、本当は正しい知識と技術を持った作業者であれば

表面実装部品は、手はんだ付け可能です。



宇宙開発や航空機、防衛などの分野では

逆に技術者による手はんだ付けで、1点づつ実装が

行なわれています。



ですので、未熟な作業者による

「表面実装部品の手はんだ付けは禁止されている」

というふうに解釈するのが正解です。



例えば、こちらにQFPを手実装している動画がありますが、





コテ先は基板面とリードの先端部に触れるだけで

1秒も加熱しません。本体部分にも熱を加えませんので

電子部品には、たいへん優しいはんだ付けです。





では、明るいはんだ付けを!







※広島県での初開催 2017年8月3日、4日

 福山市 大洋電機産業㈱gootさんになります。

 http://handa-npo.com/archives/kentei/1488

 受付中です。



※山形県では2回目の開催(東北地方では3回目)

 山形市の「山形テルサ」2017年9月7日(木)、8日(金)

 受付中です。

 http://handa-npo.com/archives/kentei/715



※ポリテク関西での講習会、受付開始しました。

 2017年10月26日、27日

 http://handa-npo.com/archives/kentei/977

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.