部品1点からどうぞ! はんだ付け職人の基板実装サービス

◆はんだ付け職人の基板実装サービス 事例

日光精器株式会社様の場合

日光精器株式会社 大堀様

滋賀県の近江八幡市にある日光精器株式会社様は、「すべてはニコニコライフのために」を企業理念として、設計・開発からプラスチックの成形、製造まで家庭用電気製品を一貫生産されている企業様です。
「こんなものが欲しい」というイメージさえあれば、製品の形にしていただくことができます。
商品開発課の大堀さんが設計された、試作基板の実装を当社でお受けした時のお話を詳しく伺いました。


◆商品開発部 大堀様に聞きました

法人事例 大堀様
Qはんだ付け実装の仕事に携わられたのは、何時?どんなきっかけですか?
A学校で電子工学を専攻しまして、最初に就職した際、電子回路機器の開発とその評価を業務として手がけたのが始まりです。
Q当社(Noseseiki)のことを何時、どこで知りましたか?
Aホームページですね。
Q検索されたんですか?
Aもう・・検索しまくりました。切羽詰ってましたので・・ 初めてお会いした時には、たぶん悲壮感漂ってたんじゃないですか?
Qはい・・これは断れないな・・と。(笑)
Aもう、納期が迫っていて、3日間徹夜でしたから・・
同僚からも「顔色悪いぞ・・」と言われてました。
Qすぐに見つかりましたか?
Aいえ・・全然見つからなくて・・表面実装とか、試作とか、小ロットとか・・ キーワードを入れまくりました。
でも・・いっぱい出てくるんですが、「手でやる」っていうところはないんですよ。
Q確かにそういうキーワードはうちのホームページにはないですね・・
今後そういうキーワードを入れておかないと・・
A他にも、1608とか1005とか、SMDとか・・もう必死でしたね。
Qその時の第一印象はどうでした?
A見つけた瞬間ですか? もう・・感動しましたよ。「おっ!これや!」って。
もう、「これで出来た!」と思いました。(笑) まだ、お願いする前なんですけどね。
気持ち的・・直感的に「これでもう大丈夫だ・・」と思いましたね。(笑)
法人事例 大堀様
Q当社に依頼される前に、他の会社と比べられましたか?
Aはい、そうですね。
試作屋さん(従来から取引のある)には「どうですか?」「いけますか?」という話をしたんですけど、
無理だと・・
Qそれは、どういう意味で無理だと言われたんでしょうか?
A実装はマシンでやるものだから、手でやるものではない・・と。そこで、全否定ですね。
「そこをなんとか!」と食らいついたんですが、ダメでしたね・・
Q他の会社のホームページも見てみましたか?
A数限りなく見ましたけれども全部ダメでした。
Q具体的に問い合わせはされたんでしょうか?
Aいえ・・「手でやる」ってことは一切書いてなかったので・・
でも後で、量産することになって、工場を見に行ったんですが、
確かに「こりゃ、どんな小さなロットでもセッティングするだけで1日以上掛かるわ・・」と思いました。
無理なことを頼んでたんだな・・と後で気が付きました(笑)
そんな状況で、すぐに引き受けてくれたノセさんが、本当にありがたかったです。
お世辞とかじゃなくて、本当に・・ありがとうございました。
法人事例 基板 法人事例 基板2

そのときご依頼いただいた基板(量産用基板)。6層基板で部品点数は、134点。
部品をお持込みいただいて、半日で2枚を実装完成させねばならない強行スケジュールでした。
実機は、ジャンパー線やパターンカット有りの試作品でした。



Qなぜ「ゴッドはんだ」に今回の実装の依頼をしようと思ったのか理由を3つ教えてください。
A① 迅速な対応
② 丁寧な作業
③ 高い完成度 です。
Q実際にご依頼されてみて、ご感想はいかがですか?
A大満足です!
だって、一発で火(電気)入れて動くなんてありえないですよ!
基板のチェッカーもない状態ですから、基板が本当に大丈夫なのかもわからない状態だったんです。
実装しても動かないかもしれないな・・と思いつつでしたから、一発で動いた時は、もう感動でした!
Q当社のはんだ付け請負サービスの 良いところ3つ、悪いところを3つ教えてください。
A悪いところは・・思いつかないですが・・
場所がわかりにくかったですね。
最初、本当にあせっていたので、見つけられなくてショックでした(笑)
電話でなんとか誘導していただきましたけど・・
Qあの・・ようやく、看板をつけましたので、これからは大丈夫です(笑)
A良い点は、うーん・・こだわってやっておられるところと、柔軟に対応していただけたというところと・・
何と言ってもお人柄が・・
お話した後、もう満足していましたね・・まだ基板はできていませんでしたけど・・(笑)
Q基板の実装が終わってお渡しした時に、思いっきり握手していただきましたね。
あれは、うれしかったです。
A今でも、あの時のことを思い出すと、感動が・・(笑)
Q当社への今後の期待。要望を教えてください。
A特殊な作業を何でもなかったかのように、いとも簡単に対応していただけるこのありがたさ・・
まさに、ノセ精機さんは「ものつくり企業」の救世主です(笑)
この日本国のために(割の合わない仕事だと思いますが・・)がんばってください。
技術屋の私は、陰ながら応援しています!
Qありがとうございます!

▲ ページトップへ

▲ ページトップへ

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.
0