ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例 イメージ画像
試作や改造、修理など部品1点から、はんだ付け作業を請け負います。
自動機では不可能な複雑形状基板へのはんだ実装などのご依頼を承っております。
顕微鏡を使った微細なはんだ付け(0603、1005、QFPなど)に対応。
少量の試作なら翌日仕上げ。難しいはんだ付けならお任せください。

ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例

2021.03.03

JIS規格とは??

こんにちは、はんだ付け職人の大堀です。
今日もちょっと変わったモノをご紹介します。

社内の倉庫で1970年代のヘリコプターに搭載されていた無線機の基板を見つけました。
なかなか見れない約50年前のモノなので興味深く見ていたら、
「これって、何の規格に基づいて作られているのだろう⁇」って思ったんです。
 

何を今さらと言われようですが、調べて行くうちにとても深い話になっていました。
これは日本のものではなく、米国のヘリコプターのモノだそうで、
随所に骨董レベルの電子部品が所せましと搭載されています。

一応、両面基板ですが、表面実装部品は1個もありません。
当時のヘリコプターはほぼ軍用規格だと思うのでMIL規格を調べていると、
1980~1990年頃にIPC基準に移管され、
全てではありませんがIEC標準となり、日本のJIS規格になって来たとのことらしいです。

そういった背景を知ると、
今では当たり前のEOS/ESDの警告ラベル(IPC-A-610, 3.1.3)があったりして、
当時の最先端を行っていたのだと感じました。

日本のはんだ付け技術のルーツをこれから少しづつ探って行こうと思います。
(ガラクタの中にキラリと光る何かを感じて)

 

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.