ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例 イメージ画像
試作や改造、修理など部品1点から、はんだ付け作業を請け負います。
自動機では不可能な複雑形状基板へのはんだ実装などのご依頼を承っております。
顕微鏡を使った微細なはんだ付け(0603、1005、QFPなど)に対応。
少量の試作なら翌日仕上げ。難しいはんだ付けならお任せください。

ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例

2019.10.04

4極コンタクトピン部品交換

みなさん、こんにちは。
山市@はんだ付け職人です。

 

今回は、4極コンタクトピン部品交換の作業について、
お話ししていこうと思います。

 

ピンを実装するといわれると、
スルーポールにピンを入れて、はんだ面からはんだ付けする。
というイメージが付いていましたが、

 

今回、実装した、コンタクトピンは、
表面実装のコンタクトピンになっておりまして、

 

従来の、スルーホールに入れて、ピンと、スルーホールを、
はんだ付けするのではなく、

 

表面実装のコンタクトピンの実装

 

コンタクトピンが、ランド上に乗った状態になります!!

 

ピンを外すのは簡単なのですが、
実装するのが一苦労・・・

 

はんだの馴染み、傾きを見ていないと、
すぐに斜めになってしまいます。

 

ピンが傾いたり、ズレて実装されたりと、
なかなか大変な作業でした・・・

 

※垂直にピンが実装されている写真

 

※傾いて実装されている写真

 

写真を見ると、傾きが良くわかると思います。

 

今回は、リワーク機を使用して、はんだ付けを行ったのですが、

顕微鏡でピン部分を覗きながら、傾き、はんだの馴染みをみて、

はんだ付けを行います。

 

コンタクトピンへの予備はんだや、フラックスの使い方など、
全てを使って、はんだ付けを行います。

 

細かなチップ部品の実装だけでなく、

今回のような、表面実装のピンや、

コネクタ・ケーブルのはんだ付けも行っております。

 

このような特殊なピンの実装も行っておりますので、

お気軽にご相談ください。

はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.