ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例 イメージ画像
試作や改造、修理など部品1点から、はんだ付け作業を請け負います。
自動機では不可能な複雑形状基板へのはんだ実装などのご依頼を承っております。
顕微鏡を使った微細なはんだ付け(0603、1005、QFPなど)に対応。
少量の試作なら翌日仕上げ。難しいはんだ付けならお任せください。

ゴッドはんだ はんだ付け職人 実装作業例

2019.10.04

はんだ付け職人によるLEDの交換例

自動車のステアリングスイッチのLED打ち替えの例

 

LEDが切れてしまったとき、基板ごと、あるいはユニット交換すると
正常に動作している部分も交換しなければならず費用が高くついてしまいます。

一般の方が自分でLEDを交換するときも正しい知識に基づいて作業を実施しないと
LEDが焼けてしまったり基板を痛めてしまうこともあります。

※実際、パターンを剥離させてしまったり、周囲の部品を融かして壊してしまう例は多いです。

 

交換前



こちらが交換前のLEDです。


基板は自動車のステアリングスイッチです。

除去



基板にあわせてハンダゴテとコテ先の形状、糸はんだの太さを選定して
LEDとはんだを除去して、新しいLEDを基板に実装します。

交換後



新しいLEDを実装するとこのようになります。

美しいフィレットが形成されており、はんだ表面がピカッと輝いています。
周囲と比較するとキレイで逆に目立つほどです。

職人の手作業での作業ですので自動車だけではなく
産業機械や経年で光が弱くなったLEDなどの交換も可能です。

LEDのサイズは0603から対応可能です。

 

はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。

 

※2017年1月30日の記事をリニューアル

タモリ倶楽部にて・・


はんだ付けに光を・・

最新の記事

カテゴリー別

今までの記事

記事検索

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.